[Macの小技] りんごの木( *`ω´)

Macに関する小技を紹介! 一般的な設定からマニアックな設定までわかりやすく説明しています。

こんにちは、今日は小技紹介です。
みなさん、音楽をYouTubeからダウンロードするアプリを使ったことや、サイトからダウンロードしようとしたことがあると思います。でも音質が悪かったりアプリがよく落ちたりサイトにウイルスが混ざっていたりなど不安な部分が多いです。そこで、僕が使っている方法を紹介したいと思います。
まず、用意するものです。
・iPhoneなどのiOS端末
・Mac
1,MacとiOS端末をLightningやDockケーブルでつなぐ
2,MacのQuickTimePlayerを起動する。
56僕の場合下にありますが、ない場合LaunchPadからその他に行ったらあります。
3,iPhone側でYouTubeを起動し、QuickTimePlayerでオーディオ収録をする。
IMG_3540はいYouTubeを起動します。
で、QuickTimePlayerのオーディオ収録をします。やり方は、23
ここから行きます。そうするとこういう画面になります。43
で、こういう風に三角のボタンを押して繋いだiOS端末を選択します。37
やりたい人は、音質最高にしてね
4,録音する。
iPhoneのYouTubeで音楽を流して、MacのQuickTimePlayerで録音します。
これで終わりです。これで、でiTunesでiPhoneに入れれます。拡張子はAIFFです。
使いたい人は使ってみてね


  

こんにちは、今日は、プログラミングしない地図アプリ の作り方です。
プログラミングをしなくてもAppleが開発した部品(KIit)を使えば ドラッグだけでできてしまいます。
まず、iOSアプリの統合開発環境Xcodeを開きましょう
開くとまずこのような画面が出てきます。 
34
こんな画面が出てきたら真ん中のCreate a new Xcode projectをタップしましょう。これは、新しいアプリを作るボタンです。
34
アプリの名前は、なんでも良いですがここではMapapuriにでもしときましょう。

アプリの名前を決めたら、今度は準備です。まず 名前を決めた後に出てくるこの画面の08
一番下にあるLinkd~~の所の+をタップして出てくる検索画面で『Map』と入力します。すると出てくる52
MapKit.flameworkをくりっくして、Addを押します。
これで準備は、整いました。次は、画面を作っていきましょう。
まず、画面左側にあるmain.storyboardをクリックしてスマホの画面みたいなのがででくると思います。46
この画面の右側の検索画面の所でmapと打ちます。すると出てくる、MapKitViewという部品をスマホの画面まで持っていきます。16
そのMapKitViewをスマホの画面いっぱいに広げます。これで地図アプリは完成です。テストしてみましょう。左上の再生ボタンを押すとテストが出来ます。やってみましょう。
51
しばらく待つとこんな画面が出てきます。24
今回のアプリのファイル貼り付けておきます。開くには、Xcodeが必要です。
Mapapuri.zip